さらに負担が軽減される制度

※2018年8月現在の制度に基づいて解説しています

多数該当

直近の1年以内に高額療養費の支給を同一世帯(同一の公的医療保険に加入)ですでに3回以上受けている場合に、4回目以降の自己負担限度額がさらに低くなる制度です。

多数該当

70歳未満の方の場合

世帯合算

ひとりずつの自己負担額では高額療養費の支給対象とならなくても、同一世帯内で同じ公的医療保険に加入している方の自己負担額を合算した額が自己負担限度額を超えた場合に高額療養費を利用できる制度です。ただし、70歳未満の方の場合は、21,000円以上の自己負担額のみが世帯合算の対象となります。

高額な介護費用との合算

1年間(前年8月~当年7月)の公的医療保険の自己負担額と介護保険の自己負担額の合計が高額になり高額医療・高額介護合算療養費制度の限度額を超えた場合は、超えた額の比率に応じてそれぞれ公的医療保険と介護保険から払い戻されます。この制度は、年を単位として確認します。

70歳未満の方の高額医療・高額介護合算療養費

70歳未満の方の高額医療・高額介護合算療養費

70歳以上の方の高額医療・高額介護合算療養費

70歳以上の方の高額医療・高額介護合算療養費

ページの先頭へ戻る